ネタノモト(1)女性は罪悪感の無いスイーツが好きってホント?

Share

こんにちは。稼頭男です。

とうとうタイトルにナンバーリングしちゃいました。アフィリエイトのブログに書くことが無い、ネタが思いつかないという話をよく聞きますので、このカテゴリーを作ってみました。

「おいおい、こんなカテゴリーをお前がやっていけるのか?」私の中の理性が心配していますが。まあ初めてみます。

今回のネタノモトはこちら「女性は罪悪感の無いスイーツが好きってホント?」というタイトルにしました。

「人それぞれじゃない?」・・・・・・・・・終了ですかね。

いやいや、初回から即死していられませんので、もう少しお付き合いください。

罪悪感の無いスイーツってなに?

ここでいう罪悪感とは、「罪悪感⇒不健康⇒太る」といった感じで「太る」という事態をオブラートに包んでいそうで包んでいない。誰もが太るというイメージを抱く絶妙な言い回しだと思いませんか?

なので、罪悪感の無いスイーツというものは、
いっぱい食べてしまったら結果にコミットしまくる、油脂や砂糖まみれのもとは真逆にあるものを表しています。

頭をよぎりましたよね、「それって美味しいのかな?」って

多くの場合、罪悪感の解消を優先すればするほど味はイマイチなものになっていくでしょう。

とても美味しい商品だったら良かったのに

本当に太らないのに美味しいスイーツが有るのなら、アフィリエイターとしてはそこを大いにアピールしていく必要がありますが、大概の場合、そこそこの美味しさ程度だと思います。

そこそこの美味しさだと感じたのに「とても美味しい」とアピールするのは難しい。熱がこもりませんから説得力に欠けた文章になってしまうことは目に見えています。

対象を変えてみる

今までのターゲットは女性全般。女性にとって○○だという文を書かないといけなくなっていましたが、それを少し変えて「罪悪感の無いスイーツはあと3キロが落とせない女性に大人気」といった具合に仮タイトルを設定してみましょう。

今までもスイーツを我慢してきたけど、ついつい手が伸びてしまい、あと3キロが落とせない女性をターゲットにしてみました。

どうですか?スイーツをいつも我慢している人にとっては、そこそこ美味しいのにダイエットに影響が少ないスイーツとなると、かなり魅力的ですよね。

この女性を思い浮かべて書くと、結構な熱量で書けそうじゃないですか?

「週1回だけチョコを食べて良いと決めていたのに、月曜日から食べちゃって水曜日ぐらいにチョコチョコって頭の中がチョコへの思いでいっぱいになってしまってたんですが、このココア風味のおからクッキーならいいかって思って食べてみました。そしたら満足して、その週も乗り越えられたのです。」こういった事態を想定したら、オススメにも熱がこもりますね。

紹介しようとした商品のアピールポイントを見て、そんなの「人それぞれでしょ」と諦めかけたら、今回のようにターゲットを絞り込んでみてください。きっと何かが見えてくるはず。

ネタノモトがあなたの筆を加速させられますように。

Share

いかがでしたか?よかったらクリックお願いいたします
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です