ストレスで押しつぶされそうな私を10年間支えた歩く瞑想

Share

前回、私が仕事を辞める事になった環境について書かせていただいた話の続きです。
私は会社を辞めました

稼げない仲間を支え続け、裏切られ続けていると、徐々に心の中はすごいことに成っていきます。

昔の歌のように
ナイフみたいに尖って、触るものみな傷つけそうな状態になります。

不満が心を占領してしまうのです。

そんな私が心を落ち着かせて、何とか頑張った方法をご紹介します。

心を取り戻すために

心の中に渦巻く不満や怒り、なんと表現していいのかわからない黒い渦が心を占領してしまうので、この黒いものを何とかしないと心が負けてしまいます。

外からの刺激は自分では止めることが出来ません。
まあ、最終的には会社を辞めて休憩すればいいんですけど、軽々しく辞めてしまうのもね。

0bde0b8e08cab8e7f6354daca904554a_s

どうにか心を落ち着かせることが出来ないものかと、あがいていたころ歩く瞑想に出会いました。

瞑想って聞いて、どんなイメージをお持ちですか?

心を無にする。
何も考えない。

こんなイメージじゃないでしょうか?

でも、これは無理。

黒い渦がものすごいパワーで渦巻いているのにそれをなかった事にするのは無理です。
だから歩く瞑想を実行してみました。

歩く瞑想の方法

始めに断っておきますが、ご紹介する方法が完全なものというわけではありません。
心が静まればいいのです。

だから、いろいろアレンジして自分に合ったやり方を見つけましょう。

では歩く瞑想のやり方ですが、やることは1つだけ数えることです。

とりあえず私のやり方を例としてご紹介します。

4歩を一つの単位として、4歩で息を吸い、4歩で息を吐く。
4歩ごとに数を数えるのです。

4歩で息を吸って「1」、4歩で息を吐いて「2」
4歩で息を吸って「3」、4歩で息を吐いて「4」

というように心の中で数えながら歩くだけです。

ただし、数えている間に別の思いが割り込んで来たら「1」からやり直しです。

イライラしているときは、10数えるのも難しいかもしれません。
継続すれば慣れてきますので、あきらめずに数えましょう。

「嫌な感情」を「数を数えること」で上書きできれば心が落ち着くんです。

歩く瞑想の応用

慣れてくると応用がききます。
イライラして寝ることが出来ないときは、呼吸だけを数えるといいですよ。

これは簡単で、とても強力な方法です。

ストレスに押しつぶされそうな方はお試しください。

Share

いかがでしたか?よかったらクリックお願いいたします
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です