スマホアプリで稼ぐ夢を叶えようとした結果

Share

スマホアプリを作ったら稼げるのかな?

私はもともとプログラムを組む仕事をしていましたので、スマホアプリを作成してみようと考えました。

でも、機材や開発用ソフトにあまりお金をかけたくありません。

どうにか安価で、自由度の高い開発環境が無いものかと調べた結果、無料で作成できる環境を見つけて開発に取り掛かりました。

スマホアプリを簡単に作る方法

MonacaというHTML5ハイブリット開発環境という、無料で使えるサイトで開発することにしました。

HTML5ハイブリット?

なんだか難しそうな響きですが、要するにHTMLとJavascriptが少しわかれば、十分に習得可能な環境なのです。
プログラムに慣れている人はもちろんですが、少し凝ったWebサイトを作成されている方なら簡単にスマホアプリが作成できます。

サンプルアプリのソースなどが提供されていますので、やる気さえあれば全くの素人でも作成可能だと思います。

プログラミングやコンパイル(記述したテキストファイルを実行可能なファイルに変換してもらう事)もWebサイト上で出来ますので、パソコンさえあればOKです。

目を引くビジュアルが重要

スマホアプリを作成して公開してみた結果、なかなかダウンロードされません。

そりゃそうですよね。星の数ほどあるスマホアプリの中で、無名の個人が作成したアプリをダウンロードしてもらうには、よっぽど目を引くものじゃなくてはいけません。

私のAndroidアプリたちはこんな感じです。
(ゲーム系はUnityで開発しました)

デザイン性の高いアプリが多い中で、この見た目ではあまりダウンロードされないのは仕方がないな。

スマホアプリの宣伝や、紹介ページを見ているとカワイイ女の子が描かれた絵がドンと表示されて目をひきますからね~。

宣伝力がないとダウンロードされない

ネットワーク上でのビジネスはリアル店舗と違って、なかなか見つけてもらえません。
検索してもらい、その中で目を引くものでなければ生き残れないのです。

個人でスマホアプリを作っても検索すらされないしダウンロードされないのかと諦めかけた時、アプリ広告の存在を知ります。

Google AdMobです。‎

このアプリ広告サービスを活用すれば、いろいろな場面で自作アプリを宣伝してくれます。
料金は前払いでお金をチャージし、広告がクリックされる度にチャージ金額が減っていく仕組みです。

試しに1000円チャージして広告を出してみました。

この広告のおかげでアクセス数は伸びました。加えて少しダウンロードされました。
しかし広告をクリックしてもらえたとしてもダウンロードされる確立はあまり高くはありません。

その先は、各自のアピール力やアプリ自体の性能などが重要になります。

アプリ作成は一時凍結

もっと宣伝しないと、誰もダウンロードしてくれない。
広告にお金をつぎ込みたくない。

そう考えた私は、スマホアプリで稼ぐことを一時断念してブログ作成への道を模索しだします。

その話はまた今度。

Share

いかがでしたか?よかったらクリックお願いいたします
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

2件のコメント

  1. ryouji より:

    こんにちは。いつもありがとうございます。

    スマホアプリがつくれるのは知らなかったです。

    勉強になります。ありがとうございます。

    1. 稼頭男 より:

      ありがとうございます。

      簡単ですから、気が向いたらトライしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です